動物病院が2chに勝訴

東京都内の動物病院が、2ちゃんねる(2ch)掲示板の書き込み内容により名誉を傷つけられたとして、削除に応じない管理人に対して損害賠償等を求めた裁判。 東京地方裁判所は2ch管理人の責任を認め、書き込みの削除と計400万円の賠償金支払いを命じました。

訴訟が起こされた2002年当時、2ちゃんねるは「匿名性」の確保を広く謳っていたことから、書き込んだ本人の特定や捜索ではなく、 削除依頼に応じず放置した管理人の責任追及に主な争点が置かれました。


事件の概要

実名で個人病院を叩く悪質スレッド

2001年1月頃、2ch「ペット大好き掲示板」内の「悪徳動物病院告発スレッド!!」というスレッドに、 東京都内にある動物病院の実名を挙げて、次のような書き込みがされました。

▼書き込みの一例▼

●●区の●●動物病院って地元では超嫌われ者で有名!
あのバカ医者、精神病院に通っている(マジ)から
めちゃめちゃ情緒不安定なんだよね。
なんでもかんでも手術を勧めるが70パーセントは死んでいるらしいよ。
これ本当の話だからね、他にも●●情報求む!

実際に病院にかかったことのある患者か、近所に住む人か、この投稿者による情報の真否は不明ですが、 これに触発されたように別ユーザーたちによる同様の“情報”がいくつも並び、中には同院の獣医に対して「死ね」などの中傷表現もみられました。

これに気づいた動物病院の経営者と獣医は、まず、これらの書き込みの削除を2ch側に求めます。

書き込みが削除できない!

2chの書き込み削除依頼は、素人にはわかりにくいようなシステムになっており、当時はまだ削除ガイドラインなども明文化されていませんでした。 動物病院側も試行錯誤しながら手順を踏みますが、最終的には不備を理由に依頼を却下されてしまいます。

http://teri.2ch.net/test/read.cgi/saku/991017315/

それどころか渦中の本人からこのような削除依頼スレッドが立てられたことで、2ちゃんねらーたちの祭りはますます盛り上がるばかりでした。

そしてついに、同院の経営者と獣医の2名がそれぞれ原告となり、名誉毀損発言の削除等を求めて東京地裁に提訴します。


2ch史上初の最高裁判決

管理人に対する賠償請求

原告側の訴えは、管理人に対して損害賠償500万円の支払いと書き込みの削除を求めるものでした。

その主張は、投稿者個人に名誉毀損を求めるものではなく、匿名性を担保しながら運営している掲示板自体の違法性を問うものでもあり、 管理人の西村氏も初めから出廷し、あくまで交戦する姿勢を見せました。

一審は賠償金400万円の支払い命令

2002年6月26日、東京地裁は原告の請求をおおむね認め、管理人に対して賠償金400万円等を支払うこと、書き込みの一部を削除することを命じますが、 西村氏はこれを不服として控訴します。

同年12月25日、東京高裁での控訴審判決もまた一審を支持するものでした。さらに西村氏が上告すると、2005年には2ちゃんねる裁判史上初の最高裁判決へと持ち込まれました。


判決は2chの負け

名誉毀損にあたる文言の削除を命令

2005年10月7日、最高裁は2ch管理人による上告判決を棄却し、一審判決が確定します。

▼判決文(東京地判2002年6月26日)▼

1 被告は,原告Aに対し,250万円及びこれに対する平成13年8月5日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
2 被告は,原告Bに対し,250万円及びこれに対する平成13年8月5日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
3 被告は,原告らに対し,「2ちゃんねる」と題するホームページ(アドレスhttp://www.2ch.net)における別紙発言目録1及び同目録2で示した文言を削除せよ。
4 被告は,原告らに対し,前項のほか,「2ちゃんねる」と題するホームページ内における各掲示板において別紙発言目録1及び同目録2で示した文言と同一の文言を削除せよ。

判決理由として一審東京地裁は、言論の自由を認めながらも、「匿名掲示板であるために被害者が書き込み者を特定できず、名誉回復の機会などが与えられないのは公平ではない」と、 管理人の管理の不行き届きにより無用の混乱を招いたことについて、被告の責任を認めたのです。

匿名掲示板の違法性が示唆される

この裁判で2ch側が敗訴したことは、暗に匿名掲示板の違法性を示唆することにもなり、控訴棄却後の2003年1月からは、 2ch内の全スレッドで投稿者のIPアドレスが保存されるようになりました。その後、削除ガイドラインなども整備されていきます。

しかし今もなお、問題の書き込み(コピー)は完全に消されていないままネット上に残り、別名の同類スレッドの中では、 匿名ユーザーたちによる度を超えた“情報”交換が繰り返されているのです。

2ch(2ちゃんねる)の誹謗中傷裁判一覧まとめ(WEB広報)